『シンデレラ』の継母トレメイン役の声優は誰?プロフや出演作品は?

こんばんは。無精者(ぶしょうもの)です。

今回は、2015年4月25日に公開された映画『シンデレラ』(実写版)に登場するキャラの声優さんについて書きたいと思います。

そのキャラは主人公「エラ/シンデレラ」の継母でドリゼラとアナスタシアの実母の「トレメイン夫人」(演:ケイト・ブランシェットさん)です。このトレメイン役の声優さんについて、プロフィール、経歴、他の出演作品について調べてみました。

ちなみに、主人公の「エラ/シンデレラ」(演:リリー・ジェームズ)役の吹替は若手人気女優の高畑充希さん、エラと恋に落ちる「キット王子」(演:リチャード・マッデン)役の吹替はイケメン俳優の城田優さんとなっております。

スポンサーリンク

誰?プロフィールは?

名前:塩田 朋子 (しおた ともこ)

生年月日:1961年 (昭和36年) 10月26日

出身地:福岡県

所属: 文学座

シンデレラの継母・トレメイン夫人の吹替を担当なさった方は女優 兼 声優の塩田朋子さんでした。

所属は文学座ということなので、舞台でのお芝居がメインなのでしょうか?

次は塩田朋子さんの経歴を見ていきましょう!

経歴は?

1984年(昭和59年)に文学座演劇研究所(文学座の養成所)に入所されます。この研究所の出身者には、有名なところで樹木希林さん、黒柳徹子さん、桃井かおりさん、田山涼成さん、内藤剛志さん、堀尾正明さん、山下真司さん、チョーさん、渡辺徹さん、大塚明夫さん、黒田崇矢さん、宇垣秀成さん、斉藤慎二さん(ジャングルポケット)などがいらっしゃいます。

1989年(平成元年)に文学座の座員となります。

その後は数多くの舞台に出演されておりますが、声優としての仕事、特に海外映画の吹き替えでも大活躍されております!どんな吹替を担当されてきたのか見ていきましょう!

出演作品は?

塩田朋子さんの主な出演作品は以下の通りです。

吹替

1987年『プレデター』[DVD版/テレビ朝日版] – アンナ役(演:エルピディア・カリーロさん)

キャスト:アーノルド・シュワルツェネッガーさん(声:玄田哲章さん)、ジェシー・ベンチュラさん(声:青野武さん)、リチャード・チャベスさん(声:大塚芳忠さん)他

1998年『アルマゲドン』[フジテレビ版] – ジェニファー・ワッツ役 (演:ジェシカ・スティーンさん)

キャスト:ベン・アフレックさん(声:小杉十郎太さん)、ウィリアム・フィクナーさん(声:大塚芳忠さん)、キース・デイヴィッドさん(声:銀河万丈さん)他

2001年『アイ・アム・サム』 [DVD版] – リタ・ハリソン・ウィリアムズ役 (演:ミシェル・ファイファーさん)

キャスト:ダコタ・ファニングさん(演:金田朋子さん)他

2001年『ロード・オブ・ザ・リング』- ガラドリエル役(演:ケイト・ブランシェットさん)

キャスト:イライジャ・ウッドさん(声:浪川大輔さん)、ヴィゴ・モーテンセン(声:大塚芳忠さん)、オーランド・ブルームさん(声:平川大輔さん)、ジョン・リス=デイヴィスさん(声:内海賢二さん)、ショーン・ビーンさん(声:小山力也さん)他

2002年『メン・イン・ブラック2』[劇場版] –  サーリーナ役(演:ララ・フリン・ボイルさん)

キャスト:トミー・リー・ジョーンズさん(声:坂口芳貞)、ウィル・スミスさん(声:江原正士さん)、ティム・ブラニーさん(声:玄田哲章さん)他

2002年『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』- ガラドリエル役(演:ケイト・ブランシェットさん)

キャスト:イライジャ・ウッドさん(声:浪川大輔さん)、ヴィゴ・モーテンセン(声:大塚芳忠さん)、オーランド・ブルームさん(声:平川大輔さん)、ジョン・リス=デイヴィスさん(声:内海賢二さん)、ショーン・ビーンさん(声:小山力也さん)、カール・アーバンさん(声:山寺宏一さん)他

2003年『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』- ガラドリエル役(演:ケイト・ブランシェットさん)

キャスト:イライジャ・ウッドさん(声:浪川大輔さん)、ヴィゴ・モーテンセン(声:大塚芳忠さん)、オーランド・ブルームさん(声:平川大輔さん)、ジョン・リス=デイヴィスさん(声:内海賢二さん)、ショーン・ビーンさん(声:小山力也さん)、カール・アーバンさん(声:山寺宏一さん)、ポール・ノレルさん(声:納谷六朗さん)他

2006年『バベル』- スーザン・ジョーンズ役(演:ケイト・ブランシェットさん)

キャスト:ブラッド・ピットさん他

2008年『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』- デイジー・フューラー役 (ケイト・ブランシェットさん)

キャスト:ブラッド・ピットさん(声:山寺宏一さん)、ジェイソン・フレミングさん(声:大塚芳忠さん)他

2011年『カンフー・パンダ2』- 予言おばば役(声:ミシェル・ヨーさん)

キャスト:ジャック・ブラックさん(声:山口達也さん)、ダスティン・ホフマンさん(声:笹野高史さん)、アンジェリーナ・ジョリーさん(声:木村佳乃さん)、ジャッキー・チェンさん(声:石丸博也さん)、ルーシー・リューさん(声:MEGUMIさん)、デニス・ヘイスバート(声:玄田哲章さん)、ダニー・マクブライドさん(声:森川智之さん)、ゲイリー・オールドマンさん(声:藤原啓治さん)他

2012年『ホビット 思いがけない冒険』- ガラドリエル役(演:ケイト・ブランシェットさん)

キャスト:マーティン・フリーマンさん(声:森川智之さん)、リチャード・アーミティッジさん(声:東地宏樹さん)、 グレアム・マクタヴィッシュさん(声:玄田哲章さん)、イライジャ・ウッドさん(声:浪川大輔さん)、アンディ・サーキスさん(声:チョーさん)他

2013年『ホビット 竜に奪われた王国』- ガラドリエル役(演:ケイト・ブランシェットさん)

キャスト:マーティン・フリーマンさん(声:森川智之さん)、リチャード・アーミティッジさん(声:東地宏樹さん)、 グレアム・マクタヴィッシュさん(声:玄田哲章さん)、オーランド・ブルームさん(声:平川大輔さん)、 エヴァンジェリン・リリーさん(声:甲斐田裕子さん)、スティーヴン・フライさん(声:銀河万丈さん)他

2014年『ホビット 決戦のゆくえ』- ガラドリエル役(演:ケイト・ブランシェットさん)

キャスト:マーティン・フリーマンさん(声:森川智之さん)、リチャード・アーミティッジさん(声:東地宏樹さん)、 グレアム・マクタヴィッシュさん(声:玄田哲章さん)、オーランド・ブルームさん(声:平川大輔さん)、 エヴァンジェリン・リリーさん(声:甲斐田裕子さん)、スティーヴン・フライさん(声:銀河万丈さん)他

テレビアニメ

2010年『機動戦士ガンダムUC』- マーサ・ビスト・カーバイン役

キャスト:内山昂輝さん、藤村歩さん、浪川大輔さん、東地宏樹さん、池田秀一さん他

ケイト・ブランシェットさんって?

塩田朋子さんが吹替を担当される海外の女優さんの中で圧倒的に多いのが「ケイト・ブランシェット」さん。聞いたことあるような、ないような・・・気になったのでこの方についても少し調べてみましょう!!

誰?プロフィールは?

名前:ケイト・ブランシェット(Cate Blanchett)

生年月日:1969年 (昭和44年) 5月14日

出身国:オーストラリア

経歴は?

オーストラリアの州立メルボルン大学メソジスト女子カレッジに通っていたのですが中退され、オーストラリア国立演劇学院へ入り演技を学ばれます。ちなみに、同学院の出身者にはメル・ギブソンさんがいらっしゃいます。

1998年、イギリス映画『エリザベス』で主役のエリザベスを好演し、国際的な評価を得ました。なお、この映画には若き日のダニエル・クレイグさん(6代目ジェームズ・ボンド)やフランス人サッカー選手のエリック・カントナさんが出演されておりました。また、この時のケイト・ブランシェットさんの吹替を担当されたのは女優の高畑淳子さんでした。

2001年からは『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ3部作に立て続けに出演され、女優としてさらなる成長を遂げられます。

その後は、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』、『崖の上のポニョ』(英語版吹き替え)などの出演され、特に2013年の『ブルージャスミン』、2015年の『キャロル』では数多くの映画賞を受賞されるなど大女優として地位を確立されました。また、2018年公開予定の『オーシャンズ8」への出演が決定しています。

まとめ

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

塩田朋子さんのプロフィール、経歴、出演作品についてご紹介してまいりました。

とにかく、海外映画やドラマの吹替をたくさん担当されていて驚きです!

あと、今回はご紹介できませんでしたが、ケイト・ブランシェットさん以外にもエマ・トンプソンさんやダイアン・レインさんなど海外の女優さんの吹替を担当なさるので、本当にレパートリーが多いなと思いました。

『シンデレラ』の継母役・トレメイン夫人ではどんな声の演技をされるのか非常に楽しみですね!

以上、ここまで読んでいただき誠にありがとうございました。

P.S.

主人公の「エラ/シンデレラ」の吹替を担当した女優の高畑充希さん、エラと恋に落ちる「キット王子」役の吹替を担当した俳優の城田優の「逆デレラ」写真をどうぞ(笑)

スポンサーリンク
無精者のかわら版 記事下
無精者のかわら版 記事下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする