ロバート秋山、CMが多い理由は「なりきりキャラ」にあり?

こんばんは。無精者(ぶしょうもの)です。

最近テレビCMでお笑いトリオ・ロバートの秋山竜次さんを見かけることが多くないですか?

例えばNTTドコモさんのCMで

「あり~がと~さよ~なら~、携帯♪」

「スマーホきた~、スマーホきた~、どこにきた~♪ママにきた~、ついにきた~♪」

「スマーホきた~、スマーホきた~、どこにきた~♪君にきた~、ついにきた~♪」

と歌いながら接客するショップ店員に扮する秋山さん。

直近ではNTTドコモさんのCMに出演されてますが、昨年(2016年)あたりから少しずつテレビCMへの出演が増えてきている気がするんです。

どんなCMに出演されてきたのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

出演CM

(1) サントリー のんある気分「今日の気分」編 [2016年]

共演者:広末涼子さん

(2) 日産自動車「セレナ」「SERENA OFFICIAL PRESENTERS」[2016年]

① トータルファッションアドバイザー「YOKO FUCHIGAMI」編

②サッカー選手「伊古部祐斗」編

③  ダンサー「SHO-ZO」編

④ レーサー「泉競也」編

なぜCM起用が多い?理由は?

なぜ急に秋山さんがCMに起用されるようになったのでしょうか?所属事務所の吉本のゴリ押し営業活動の成果のおかげでしょうか?

1つ考えられるのは、秋山さんがピンまたは女芸人「友近」さんと組んでネタをするときの「独特のなりきりキャラ」が完成度が高く、まさに『憑依芸』というべきレベルのため、いろんなCMで求められるキャラに秋山さんがなりきれるからだと思うのです。

そして、有名女優や俳優を起用する場合に比べて、まだまだギャラ的に安価で済むというオマケまで付いてきます。

これが秋山さんが最近CMで起用されるようになった理由ではないでしょうか?

以上、ここまで読んでいただき誠にありがとうございました。

スポンサーリンク
無精者のかわら版 記事下
無精者のかわら版 記事下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする