ニシキゴイ なぜ値段が高い?海外でブーム?

こんばんは。無精者です。

今回は2016年12月13日(火) 22:00~22:54 にフジテレビ系で放送の「有吉弘行のダレトク!?」で取り上げられる予定の「ニシキゴイ」ブームについて調べてみました。

スポンサーリンク

どんな状況なのか?

フジテレビさんの番組紹介ページによりますと、

ニシキゴイ1匹で車1台分の値段がつくものや、品評会で賞を受賞したニシキゴイは家1軒分もの値段がつくという。品評会では外国人が多く、外国ではニシキゴイブームが巻き起こっている。

引用元:フジテレビの番組紹介ページ

自動車1台分というと”数百万円”、さらに高い値段だと家1軒分=数千万円もするそうですね。

我々日本人の感覚すると、ニシキゴイなんてその辺の池に普通にいると思ってますので、なぜそんなに高値になるのか正直まったく理解できません・・・。

なぜ高値?

いろいろと調べてみたところ、どうやら海外の富裕層に大変人気だそうです。一部の国では、ニシキゴイを持つことがお金持ちのステータスとなるらしいですね。

思い返してみると、日本の昔ながらのお金持ちの家には池があって、その池にはニシキゴイが泳いでいるなんてことはよくあったように思います。

気になってニシキゴイの販売サイト(*)を覗いてみたら、普通に数十万円もするニシキゴイが売られてました・・・。いやぁ、こんな世界もあるんですね。

(*) 松田養鯉場さん

それから農林水産省さんの 「平成27年農林水産物・食品の輸出実績(品目別)」の統計情報についても調べてみました。以下に錦鯉等鑑賞用魚の輸出額・輸出量及び輸出先国の推移を抜粋します。

nishikigoi_tokei

グラフを見ていただいたらわかると思いますが、輸出額、輸出量ともに増加しております。また、輸出国の推移を見てみると、香港とインドネシアが伸びています。

  • 輸出額:平成18年=19.2億円、平成27年=37.3憶円
  • 輸出量:平成18年=204トン、平成27年=278トン
  • 香港:平成18年=3.3億円、平成27年=12.3億円
  • インドネシア:平成18年=0.3億円、平成27年=3.0億円

つまり、アジアの富裕層の間で大人気なんですね。

まとめ

今回の記事でわかったことは

  • ニシキゴイは海外、特にアジアを中心とした富裕層に人気
  • ニシキゴイを飼うことはお金持ちのステータス

ですかね。

より詳細な状況は番組の放送をご確認ください。

放送日時は2016年12月13日(火) 22:00~22:54ですので、気になる方はご覧ください。

以上、ここまで読んでいただき誠にありがとうございました。

スポンサーリンク
無精者のかわら版 記事下
無精者のかわら版 記事下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする