オーストラリア代表『海外組』MF/FWレッキーの経歴やプレースタイルは?

こんにちは。無精者(ぶしょうもの)です。

2018年ロシアW杯出場を懸けたアジア最終予選第9節、大一番のオーストリア戦まであと2カ月を切りました。(2017年8月31日キックオフ)

そこで、試合に先立ちましてキープレイヤーとなるオーストラリア代表の選手たちについて焦点を当ててみようと思います。

オーストラリア代表も日本代表と同じように今や主力の過半数は海外(欧州)のクラブチームでプレーしている選手たちです。

今回はそんな”海外組”の中から、『レッキー』という攻撃的ポジションの選手についてwiki風にご紹介いたします。なお、レッキー選手は日本戦のメンバー23人に選ばれましたが、日本戦でのスタメン起用はあるでしょうか?

2017年8月31日追記:レッキー選手はスタメンで起用されました。

関連記事↓

オーストラリア代表『海外組』MFルオンゴの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』MFアーバインの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』MFジェディナクの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』MFアミニの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』MFムーイの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表MFトロイージの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』MFロギッチの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』FWメイビルの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』FWクルーズの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』FWマクラーレンの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』FWユーリッチの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』左サイド、スミスの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』ガーズバックの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』左サイド、グッドウィンの経歴やプレースタイルは?

スポンサーリンク

誰?プロフィールは?

選手名:マシュー・レッキー (Mathew Leckie)

生年月日:1991年2月4日

出身地:オーストラリア・メルボルン

国籍:オーストラリア 

身長:181cm

体重:78kg

ポジション:MF / FW

現所属クラブ:ヘルタ・ベルリン (ドイツ1部リーグ)

経歴は?

クラブチーム

ユース時代はオーストラリアのビクトリア州リーグに所属するFCブリーン・ライオンズでプレーしていました。その後、2009年にはAリーグ所属のアデレード・ユナイテッドFCへ移籍しました。この年は20試合で3ゴールの成績を残しました。

翌2010年シーズンは21試合出場7得点の好成績を収めました。

2011年シーズンにはブンデスリーガ(ドイツ1部リーグ)のボルシア・メンヒェングラートバッハへ移籍しましたが、11試合出場ノーゴールという残念な結果に終わりました。

そのため、2012年シーズンからはドイツ2部リーグのFSVフランクフルトへローン移籍し、2013年シーズンまで在籍しました。FSVフランクフルトでの2年間の成績は63試合出場の17ゴールでした。

FSVフランクフルトでの活躍が認められたこともあって、翌2014年シーズンからはドイツ2部リーグのFCインゴルシュタット04へ完全移籍。この年は32試合出場7ゴールという結果を残し、チームのリーグ優勝および1部リーグ昇格に貢献しました。

翌年以降もFCインゴルシュタット04へ在籍し、2年間で62試合出場3ゴールの成績でした。なお、2016年シーズンはチーム順位が17位だったため、2部リーグへ降格してしまいました。

2017年5月にブンデスリーガ1部のヘルタ・ベルリンへ移籍しました。このチームには日本代表の原口元気選手も所属しています。

オーストラリア代表

ユース時代で特筆すべきことは2009年に開催された19歳以下のASEANユースチャンピオンシップです。この大会はASENAサッカー連盟が主催なのですが、連盟に所属していないオーストラリア代表がなぜか(招待国?)出場しており、レッキー選手はオーストラリア代表として大会に出場しました。チームは決勝のPK戦で惜しくもタイに敗れ準優勝に終わりましたが、レッキー選手は主力として活躍しました。

2011年のアジアカップのメンバーには選出されず、翌2012年の親善試合(対韓国戦)でフル代表デビューを飾りました。

2014年ブラジルワールドカップのメンバーにも選出されました。

2015年アジアカップにも出場し、主力としてオーストラリア代表の初優勝に貢献しました。

2018年ロシアワールドカップのオーストラリア代表に選出されました。

プレースタイルは?

まずはこちらの映像からご覧ください。

気になるのは以下の点でしょうか。

・上背の割には素早く動くことが出来る

・ドリブルで縦に抜くのが得意

・左サイドから右のアウトで精度の高いクロスを入れてくる

ゴールシーン

2016年6月4日、親善試合(対ギリシャ戦)でのゴールです。レッキー選手の得点シーンは動画の1分頃からです。

アジア最終予選のイラク戦でのゴールシーンです。レッキー選手の得点シーンは動画の38秒からです。

アジア最終予選のUAE戦でのゴールシーンです。レッキー選手の得点シーンは動画の1分23秒からです。

まとめ

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

オーストラリア代表の海外組『マシュー・レッキー』選手について、プロフィール・経歴・プレースタイルを紹介してまいりました。

簡単にまとめますと以下のような感じでしょうか。

・20歳頃からドイツでプレーをしているため”経験値”が高い

・素早いドリブルが脅威

・スペースがある場合の縦への突破

縦へのドリブルの仕掛けが驚異的なレッキー選手を日本DF陣は抑えることができるのでしょうか?スタメンが予想されるレッキー選手は中盤右サイドに起用されることが多いため、マッチアップするのは長友選手が想定されますが、その場合は高さで負ける可能性が高いので要注意です。また、レッキー選手は敵陣深く攻め入った後の攻守の切り替え時に集中力が切れて守備に戻らない場合があります。レッキーサイド、つまり日本の左サイドの選手はこの時にフリーになれる確率が高いのでチャンスになります。日本としては、レッキー選手のサイドをカウンターで突いていきたいですね。

以上、ここまで読んでいただき誠にありがとうございました。

関連記事↓

オーストラリア代表『海外組』MFルオンゴの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』MFアーバインの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』MFジェディナクの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』MFムーイの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』MFアミニの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』MFロギッチの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』FWメイビルの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』FWクルーズの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』FWマクラーレンの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』FWユーリッチの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』左サイド、スミスの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』ガーズバックの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』左サイド、グッドウィンの経歴やプレースタイルは?

スポンサーリンク
無精者のかわら版 記事下
無精者のかわら版 記事下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする