遠藤航、父親の名前はあの小説家と同じ?

こんにちは。無精者(ぶしょうもの)です。

サッカーの2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選第7戦のタイ代表戦、ケガで離脱した今野泰幸選手(ガンバ大阪)に代わって、遠藤航選手(浦和レッズ)が日本代表に追加招集されました。

今回は、この遠藤航選手について、プロフィール、経歴、プレースタイルについて調べてみました。なんでもお父さんの名前が昭和の大小説家と一緒?らしいので、そのあたりについても触れていこうと思います。

スポンサーリンク

誰?プロフィールは?

名前:遠藤 航 (えんどう わたる)

生年月日:1993年 (平成5年) 2月9日

出身地:神奈川県横浜市

身長:178cm、体重:75kg

所属クラブ:Jリーグ・浦和レッズダイヤモンズ

ポジション:ディフェンダー(センターバック[CB]、サイドバック[SB]、守備的ミッドフィルダー[DMF])

経歴は?

学生時代

小学校1年生からサッカーを始め、中学進学時に地元のプロサッカーチーム横浜F・マノリスのユースチームに入団テストを受けたが、落選。この時、合格した選手には鈴木椋大さん(現在。ガンバ大阪所属、ゴールキーパー)がいる。

横浜市立南戸塚中学校に進学した遠藤選手は、サッカー部に入部するも、目立った成績を残せなかった。しかし、湘南ベルマーレのユースチーム監督を務めたいた曺貴裁(現・湘南ベルマーレ監督)の目に留まり、神奈川県立金井高等学校へ進学後、ベルマーレのユースチームへ入団。

Jリーグ時代

2010年には、ベルマーレの2種登録選手(18歳未満ながら第1種チーム(トップチーム)に出場できる選手)となり、Jリーグ戦初出場を果たす。

2011年にはトップチームに昇格し、初年度からレギュラーとしてリーグ戦34試合に出場し、1得点を挙げる。

2012年には、更なる飛躍を遂げ、19歳ながらキャプテンに就任。PKキッカーを任され、リーグ戦では7得点を挙げるなど活躍を見せ、チームのJ1昇格に貢献。

2013年は、ケガで長期離脱をしており、復帰後は活躍するもチームは再びJ2へ降格。

2014年は、開幕14連勝、1つの負試合を挟み、その後は21戦負けなしと圧倒的な力を見せたチームの原動力として活躍し、再びチームのJ1昇格へ貢献。

2015年も引き続きチームの主力として活躍し、チームの成績も1stステージ:10位、2ndステージ9位、総合8位と、湘南ベルマーレとなってからは初の残留に貢献。

2016年からは、昨年からオファーを受けていた浦和レッズダイヤモンズに移籍した。強豪クラブの主軸として活躍し現在に至る。

日本代表

2009年、U-16日本代表に選出。

2010年、飛び級でU-19に選出され、AFC U-19選手権2010にセンターバックのレギュラーとして出場。このチームには、現在の日本代表メンバーである酒井高徳選手(ハンブルガーSV)、宇佐美貴史選手(アウグスブルク)、小林祐希選手(SCヘーレンフェーン)などもいたが、決勝トーナメント1回戦(準々決勝)で韓国に敗れたため、2011 FIFA U-20ワールドカップには出場できなかった。

2012年、AFC U-19選手権2012に出場した。このチームには、現在の日本代表メンバーである久保裕也選手(KAAヘント)、植田直通選手(鹿島アントラーズ)もいたが、決勝トーナメント1回戦(準々決勝)でイラクに敗れたため、2013 FIFA U-20ワールドカップには出場できなかった。

2014年、U-21日本代表アジア大会のメンバーに選ばれたが、チームは決勝トーナメント2回戦(準々決勝で)で韓国に敗北。遠藤航選手は1得点であった。

2015年、東アジアカップ2015の日本代表メンバーに初選出。湘南ベルマーレからフル代表へ選出されたのは、前身のベルマーレ平塚も含めて中田英寿選手以来17年ぶり。

2016年、AFC U-23選手権2016のメンバーに選出され、守備的MFとして試合に出場。チームは決勝で韓国を0-2から逆転して3-2で勝利し、優勝を成し遂げた。

同年、リオデジャネイロオリンピックに出場する日本代表に選出されるが、チームはグループリーグ敗退。

プレースタイル

フィジカルが強く、相手とぶつかっても引けをとらない。さらに1対1での球際(現日本代表監督ハリルホジッチで言うところのデュエル)での勝負を厭わない。フィジカルで勝てない相手にはそれ以外の部分で勝負するなど、年不相応な老獪な部分も合わせ持つ。キックの精度が高く、所属していた湘南ベルマーレではPKキッカーを任されるほど。

父親の名前は?

遠藤航選手のお父さんの名前が、実は昭和の名小説家と同じなんです。

その名前は

「遠藤周作」

2017年1月に公開された『沈黙 -サイレンス-』の原作者、2017年2月から東海テレビ・フジテレビ系で放送の『オトナの土ドラ 真昼の悪魔』の原作者が遠藤周作さんなんです。

偶然なのか、ちなんで名付けられたのかは分かりませんが凄い名前ですよねー!

まとめ

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

少しでも遠藤選手について知っていただけたなら幸いです。

これからの遠藤選手の活躍に期待ですね!

以上、ここまで読んでいただき誠にありがとうございました。

スポンサーリンク
無精者のかわら版 記事下
無精者のかわら版 記事下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする