オーストラリア代表『海外組』FWメイビルの経歴やプレースタイルは?

こんにちは。無精者(ぶしょうもの)です。

サッカー日本代表がロシアワールドカップ出場をかけて戦うアジア最終予選。第8節終了時点で日本は首位ですが、残りの2戦が実力伯仲の相手との連戦となるため、予選突破に黄色信号が灯っております。

今回はそんなアジア最終予選の第9節「オーストラリア」戦について、事前に要注意プレイヤーを調べていこうと思います。

オーストラリア代表と言えば、日本キラーのケーヒル選手(過去にエバートンでプレー)を中心にリバプールでプレーしていたキューウェル、オランダのフェイエノールトで小野伸二選手と一緒にプレーしたエマートン、イタリアのパルマで中田英寿選手の同僚だったブレシアーノなど名の通った海外組がいました。しかしながら、現在のオーストラリア代表にも実は多くの海外組(欧州組)がおります。

今回はそんな”海外組”の中から、『メイビル』(マビル)というサイドアタッカーについてwiki風にご紹介いたします。なお、メイブル選手は日本戦のメンバー23人に選ばれました。スーパーサブとして起用されそうですが、スタメンでの起用された場合は要注意です。

関連記事↓

オーストラリア代表『海外組』MFジェディナクの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』MFルオンゴの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』MFアーバインの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』MFアミニの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』MFムーイの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表MFトロイージの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』MFロギッチの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』MF/FWレッキーの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』FWクルーズの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』FWマクラーレンの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』FWユーリッチの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』左サイド、スミスの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』ガーズバックの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』左サイド、グッドウィンの経歴やプレースタイルは?

スポンサーリンク

誰?プロフィールは?

選手名: アワー・メイビル (マビル) (Awer Mabil)

生年月日:1995年9月15日

出身地:ケニア・カクマ

国籍:オーストラリア

身長:179cm、体重:?kg

利き足:右足

ポジション:WG(ウィンガー)、SMF(サイドミッドフィルダー)

現所属クラブ: FCパソス・デ・フェレイラ (ポルトガル1部リーグ)

経歴は?

出身国

メイビル(マビル)選手はアフリカにある南スーダン共和国出身の両親のもとに、ケニア北西部で生まれました。彼が生まれた頃、両親の母国では第二次スーダン内戦が勃発しており、多くの国民が隣国のケニアやエチオピアの難民キャンプに避難しておりました。メイビル(マビル)選手の両親もケニアの難民キャンプへ移動し、彼はそこで誕生しました。2006年まで難民キャンプで過ごした後、一家はオーストラリアへ移りました。

クラブチーム

ユース時代の2007年2009年までは、南オーストラリアのエリザベスにあるプレイフォードシティ・パトリオットSCでプレーしていました。

2011年には、南オーストラリアの国立トレーニングセンターのメンバーに抜擢され、メイビル(マビル)選手は同センターの年間最優秀選手に選ばれました。

2012年には、南オーストラリアのアデレードにあるキャンベラタウン・シティSCでプレーし、14試合で1ゴールの結果を残しました。その後、同じ地域にあるアデレード・ユナイテッドへ移籍しました。このクラブがメイビル(マビル)選手を獲得した理由は、多くのディフェンダーを抜き去ることができる圧倒的なドリブル能力にありました。彼は2013年1月11日にプロデビューを果たし、翌2013-2014年シーズンのリーグ第17節で初ゴールを飾りました。アデレード・ユナイテッドでは47試合出場8ゴールの成績を収めました。

2015年になると、デンマーク1部リーグのFCミッティランへ移籍金1億2400万円(当時のレート)で移籍しました。なお、このチームには現在、元オランダ代表MFのラファエル・ファン・デル・ファールトが在籍しています。

2016年からは経験を積むため、デンマーク2部リーグのエスビャウfBへローン移籍をしました。このチームでは25試合出場4ゴールの結果を残しました。

2017年からはポルトガル1部リーグのFCパソス・デ・フェレイラへローン移籍しました。

オーストラリア代表

メイビル(マビル)選手は2013年に毎年開催されるユースの大会「COTIF」にオーストラリア代表として参加しました。その後、2014年のU-19アジアカップにオーストラリア代表として出場し、グループリーグ3戦(2試合フル出場、1試合途中出場)にすべて出場しました。チームは1勝2分ながら得失点差で3位となり、決勝トーナメント進出はなりませんでした。ちなみにこの大会でU-19日本代表(南野拓実選手や井手口陽介選手が中心)はベスト8に終わっております。

その後フル代表に呼ばれることはありませんでしたが、2017年8月31日に行われる日本とのアジア最終予選第9節の予備登録30名に選出されました。

プレースタイルとゴールシーンは?

まずはこちらの映像からご覧ください。

気になるのは以下の点でしょうか。

・ドリブルが鋭くスピードも速い

・ヒールパスなどトリッキーなプレーができる

・左右どちらのサイドでも起用でき、縦に抜いてからのクロスあるいは切り込んでシュートを打てる(逆足である左足の精度も高い)

まとめ

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

オーストラリア代表の海外組『アワー・メイビル(マビル)』選手について、プロフィール・経歴・プレースタイルを紹介してまいりました。

簡単にまとめますと以下のような感じでしょうか。

・ケニア生まれだが、幼い頃にオーストラリアへ移住

・ドリブル突破が脅威

・左右どちらの足でも精度が高い

メイビル(マビル)選手はまだオーストラリア代表としてのプレー経験がありませんが、その素質はかなり高いですし、黒人特有の身体能力が驚異です。海外(ヨーロッパ)に挑戦して3シーズン目になりますので、そろそろその潜在能力を発揮しそうですが、今回の日本戦メンバー23人に選ばれるかは不明です。もし選ばれた場合、オーストラリア代表のサイド攻撃が活性化されるため、日本の両SBサイドバックは特に注意が必要になります。

以上、ここまで読んでいただき誠にありがとうございました。

関連記事↓

オーストラリア代表『海外組』MFジェディナクの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』MFアーバインの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』MFルオンゴの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』MFアミニの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』MFムーイの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表MFトロイージの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』MFロギッチの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』MF/FWレッキーの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』FWクルーズの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』FWマクラーレンの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』FWユーリッチの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』左サイド、スミスの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』ガーズバックの経歴やプレースタイルは?

オーストラリア代表『海外組』左サイド、グッドウィンの経歴やプレースタイルは?

スポンサーリンク
無精者のかわら版 記事下
無精者のかわら版 記事下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする